カワセミオロロ「#だけじゃないプロジェクト」に向けて

【2019年生まれのアカウント】noteでは小説(無料)/活動に関する月刊誌(有料)YouTubeではよわよわ系ゲーム実況/異色の経歴だから言える話など Twitterはたまに良いこと呟く【+母艦blogを運営】

「迷い」と「決断」にありがとう。

はじめまして。カワセミオロロです。※note/Twitter/YouTube/荒野行動で生息中

(検索キーワード:カワセミオロロ or  kawasmiororo)

ーーー

それでは、本題に入ります。

ーーー

 

生きていれば、迷うことも、決断することもありますよね。みなさん、だれでも経験してきた感情や出来事。

 

コンテストということで、今後の活動のきっかけになればと・・・投稿することにしました。

なんでも、挑戦。試してみる。私はこの考えで生きています。今のところ、ですが。

ついでに、だれかの役に立てたらと嬉しいな、といった経緯で投稿します。

 

ーーー

 

実は・・・人より、弱い部分、気をつけないといけない事がカワセミオロロにはあります。ことの始まりは、不覚にも16歳前後あたりに病気を患ったことです。私は大人になるまでの成長が周りより遅くりました。

 

病気になって数年は「迷う」「決断」といった感情すら湧きませんでした。ただ、呼吸をして、そしたら知らない間に季節が変わって、暑くなったり寒くなったり。そして、また何も変化もなく歳だけ取る。そんな生き地獄を味わってました。

 

ちょうど、周りが大学生をしている頃でしょうか。

 

それから22歳頃になれば、だいたいの同級生は社会人に。私は医師のすすめでデイケアへ。※正しくは、地域活動支援センター

多くの人は学校でれば、社会人。私は福祉サービスの利用者。

想像していた未来、描いてた将来とかけ離れたところにいました。思春期までは健常者(児)として育ち、障害者(児)の友達はいません。私の身の回りにいる人達も障害について知りません。

 

なにもかも無知からのスタートでした。正直、はじめは怖かった。けど、慣れると心地が良かった記憶があります。

 

当時は、どんなに治療を頑張っても、空回りをしてきました。

「いつか、治ったら立派な仕事をするんだ。」

そう、思って生きていました。劣等感や焦りから、何度も死にたくもなりました。生きてると、自分の価値の無さがひしひしと伝わる。そんな日々が何年も。

 

そんな最中、知らない間に情報社会がさらに加速、様々な内容が飛び交うように。医師から薬のことや、病気のことはネットで調べないように。と言われていたけど、テレビで様々な特集を目にするようになり、私はここでようやく「迷い」ました。

 

「調べてはいけない。」と言われることを鵜呑みにしてきた数年。

自分が何者か。どうしたら、少しでもよくなるのか。根底に残っていた同級生に屈辱的な扱いを受けたことや、悔しさがあり「このままなんて嫌だ。」そう思い始めたのです。死にたいという思いと、「このままは嫌だ。」とい感情に板挟みされた私はさらに「迷い」矛盾に耐えれない日もありました。それでも、私は希望を求めて調べる決断をし、多くの情報を浴びる「決断」をしました。

 

いじめ/毒親/アダルトチルドレン/HSP/自己肯定/発達障害/精神障害/ニート/ハンデ/障害者手帳/思い込み/DV/トラウマ/薬物療法/認知行動療法/カウンセリング/就労訓練/マインドコントロール・・・など

 

もちろん、目に余る酷い内容を目にすることもありました。それでも、「何か」のヒントを探し続けました。そしてこの後、私は作業所へ通う「決断」をしました。

 

当時の目標は「みんなみたいに、社会にでたい。みんなと同じようになりたい。」

この時すでに、発病してから7年前後。長い道のりでした。

 

「みんなと同じ道辿らなかった月日が、カワセミオロロをつくるきっかけに。」

 

ーーー

当時の私に一言。

ーーー

あなたの描く「みんな」に怯えなくていい。その、「みんな」とやらも様々、個としていろんな思いをしている。

そこらへんのことは、これから数年後に知り、学ぶことになる。それまでは、とりあえず・・・この調子でじわじわ頑張ろう。

ーーー

最後に大切なこと。

ーーー

死なずに生きてくれてありがとう。今、こうして活動しようと思ったきかっけも作ってくれた。ありがとう。

ーーー

 

※ハンデ持ちで仕事に困っている人は作業所に通ったほうが良いという内容ではないです。個人差があるので、作業所を一概におすすめできません。ただ、仮にもし気になる場合は自宅から通える範囲の作業所を何件か見学をしてみてください。

今は比較的短時間で週3から等のバイトも。クローズではなく、オープンでも受け入れてくれる企業さんもあります。ここ最近の情報社会で「うつ病」のエピソードが溢れている影響もあるかと思います。

短時間や週3などの勤務形態が増加した背景には、働く主婦が増えたことも1つの要因かと。

また、在宅ワークも今後普及していくと思います。IT関係だけでなく、中小企業も事務作業の在宅ワークも導入されつつあります。

ハンデを持っている方向けの転職サイトも。

 

ーーー

 

発病してから、社会に出るまでの「迷い」と「決断」をまとめました。

 

ーーー

#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

 

長くなりましたが、ご閲覧ありがとうございました。

note:https://note.mu/kawasemiororo

Twitter:@kawasemiororo

blog:https://www.kawasemiororo.work/

YouTubeは仕込み中:チャンネルは開設してます。

応援・フォローありがとうございます。精進します!

 

カワセミオロロ